取扱説明書

使いかた

INDEX製品トップ/仕様はこちら

はじめて使うとき

材料特有のにおいがする場合があります。この場合は、以下の手順でお手入れしてください。

  1. パッキンがついていることを確認する。
  2. 本体に熱湯を入れ、せんユニット、またはコップユニットを確実にしめる。
  3. 本体を持って、内側を充分にすすぐ動作を数回くり返す。

    ご注意

    • 強い振動は加えない。熱湯が吹き出し、やけどのおそれがあります。
  4. お湯をすて、各部のお手入れをする。
    お手入れのしかたはこちら

使いかた

  1. 保温(保冷)効果を高めたいときは、本体に少量の熱湯(冷水)を入れ、1~2分予熱(予冷)する。

    予熱(予冷)後は、お湯(水)をすてる。

  2. 本体に熱い(冷たい)飲み物を入れる。

    • 飲み物は、入れすぎないように図の位置(少なめ容量)までにする。
    • 大きな氷を入れるときは、押し込まず、小さくしてから入れる。
    • 本体外側にこぼれた飲み物は、必ずふき取る。
    • 氷を入れると本体の内圧が下がり、中せんをあけたときにパッキンがはずれることがあるので、その場合はもとの位置につけなおす。(MCZ-D・F)
    • 熱いお茶を入れると、お茶の色が変わることがあります。お茶のときは、中せんが目づまりするおそれがありますので、ティーバッグなどをご使用ください。(MCZ-D・F)
    (G)(H) MCZ-E MCZ-F
    (G)
    (H) 本体
    (N) 中せんB
  3. 本体を立てた状態にして、せんユニット、またはコップユニットをしめる。

    • せんにふたパッキン・せんパッキンがついていることを確認する。
      (MCZ‐D・E)
    • 中せんBにパッキン⼩・パッキン⼤がついていることを確認する。
      (MCZ‐D・F)
    • せんがまわらなくなる位置まで、確実にしめる。(MCZ‐D・E)
    • 中せんA・中せんB・コップがまわらなくなる位置まで確実にしめる。(MCZ‐D・F)
    • せんユニット、またはコップユニットがしっかりしまっていることを確認する。
    MCZ-EMCZ-F
    (C) ふた
    (E) せん本体
    (J) コップ
    (K) 中せんA
    (N) 中せんB
  4. 本体とせん本体を持って、ふたを開けて飲む。(MCZ-D・E)
    コップをはずし、オープンボタンを押し、本体を傾けて飲み物を注ぐ。(MCZ-D・F)

    • 本体に熱い飲み物を入れてせんをしめた直後は、本体を傾けない。内容物がもれるおそれがあります。(MCZ-D・E)
    • 本体をふらない。(MCZ‐D・F)
    • 本体を急に傾けずにゆっくり注ぐ。(MCZ‐D・F)
    MCZ-EMCZ-F
    (C) ふた
    (E) せん本体
    (H) 本体
    (J) コップ
    (L) オープンボタン
    (M) クローズボタン
    クローズボタンが横に出てくる
  5. 飲み終わったら、本体を立てた状態にして、ふたをしめる。(MCZ-D・E)
    注ぎ終わったら本体を⽴てた状態にして、2〜3秒後に必ずクローズボタンを押してから、コップが回らなくなる位置まで確実にしめる。(MCZ-D・F)

    • ふたが回らなくなる位置まで、確実にしめる。(MCZ-D・E)
    • コップの内側に残った⽔滴を振り切り、よくふいてからしめる。(MCZ-D・F)
    MCZ-EMCZ-F
    (C) ふた
    (E) せん本体
    (J) コップ
    (M) クローズボタン

ご注意

  • 持ち運ぶときはふたについているとっ手(ハンドル)に強い衝撃を与えない。ふたが開くおそれがあります。(MCZ-D・E)
  • ふたについているとっ手(ハンドル)を持って持ち運ぶときは、せんがゆるむ方向に回転させたり、強い振動や衝撃を与えない。また、せんがゆるまないように注意する。せんがゆるむと、本体が落下するおそれがあります。(MCZ-D・E)
  • ふたについているとっ手(ハンドル)に金具やヒモなどをつけて、ぶら下げて使用しない。せんがゆるんで本体が落下するおそれがあります。(MCZ-D・E)
  • 本体を傾けた状態でクローズボタンを押さない。中せん内部に飲み物が残り、もれるおそれがあります。(MCZ-D・F)
    (M)(L)(Q)
    (M) クローズボタン
    (L) オープンボタン
  • 本体の横置きはしない。内容物がもれる原因になります。
  • かばんなどに入れるときは、ふたについているとっ手(ハンドル)にものがあたらないように注意する。ふたが開くおそれがあります。(MCZ-D・E)
  • かばんなどに入れるときは、万一のもれを防ぐために本体を立てて入れる。横にすると、もれるおそれがあります。
TIGER FORESTでは機能実現・改善のためにCookieを使用しています。