取扱説明書

安全上のご注意

必ずお守りください

INDEX製品トップ/仕様はこちら

はじめに

  • お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防止するため、必ずお守りいただくことを説明しています。
  • 誤った使いかたをしたときに生じる危害や損害の程度を、以下の区分で説明しています。
警告
死亡や重傷を負うことが想定される内容です。
注意
傷害を負うことが想定される、または物的損害の発生が想定される内容です。

図記号の説明

  • してはいけない「禁止」内容です。
  • 実行しなければならない「指示」内容です。

使用上の注意

警告

  • 乳幼児の手の届くところには置かない。また、いたずらに注意する。
    やけどやけがなどのおそれがあります。

注意

  • 分解・修理はしない。
    故障や事故の原因になります。
    飲み物の保温・保冷以外に使わない。
    誤って飲んでしまったり、破損のおそれがあります。
  • 本体の真空二重構造の内部(真空層)から、水が入っている音がする場合は使用しない。
    内部に入った水がしみ出た場合、飲んで体調不良を起こすおそれがあります。また、保温性能が低下しているため、熱いものを入れるとやけどのおそれがあります。

    真空層
  • パッキンがついていること、飲み物がもれないことを確認してから使用する。
    内容物がもれて、やけどやものを汚す原因になります。
  • 製品専用の部品を取りつける。
    専用の部品以外を取りつけると、内容物がもれて、やけどやものを汚す原因になります。
  • 保温性能が低下したときは使用しない。
    熱いものを入れると本体が熱くなり、やけどなどのおそれがあります。
  • コンロやストーブなど、火気のそばには近づけない。
    やけど・変形・変色の原因になります。
  • 電子レンジで加熱しない。
    火花が飛んで、けが・故障の原因になります。
  • 冷凍庫に入れない。
    内容物がもれたり、破損のおそれがあります。
  • 倒したり、落としたり、ぶつけたり、強い衝撃を与えない。
    破損、保温(保冷)効果の低下、サビ、塗装・印刷・メッキはがれ、内容物がもれるおそれがあります。
    塗装・印刷・メッキなどの加工のある商品に限ります。
  • 本体の底に貼ってあるシールは、はがさない。
    はがすと、保温(保冷)性能の低下のおそれがあります。
  • 本体表面・樹脂部品・シールを、つめやかたいもので引っかいたり、こすったりしない。
    傷ついたり、はがれたりする原因になります。
  • 自動車走行中は使わない。
    やけど・車内や衣服を汚す原因になります。また、運転者の場合は運転への注意が散漫となり、非常に危険です。

飲み物を入れるときの注意

注意

  • 肩部分にヤカンなどの注ぐ容器をあてない。
    転倒して、やけど・けが・傷や変形のおそれがあります。

    (G)
    (G)
  • せん本体、または中せんBをセットした状態で飲み物を入れない。
    こぼれたり、転倒して、やけど・けが・傷や変形のおそれがあります。

    MCZ-E (E) MCZ-E (N)
    (E) せん本体
    (N) 中せんB
  • 飲み物の量は、図の位置までにする。
    入れすぎると、もれたり、あふれたり、やけどのおそれがあります。

    MCZ-E この位置まで(少なめ容量)MCZ-F この位置まで(少なめ容量)
    (N) 中せんB
  • ドライアイス・炭酸飲料などは絶対に入れない。
    本体の内圧が上がり、せんがあかなかったり、内容物が吹き出たり、部品が破損して飛散する可能性があり危険です。
  • 牛乳・乳飲料・果汁などは入れない。
    腐敗・変質の原因になります。また、そのまま長く放置した場合、腐敗・変質によりガスが発生して本体の内圧が上がり、せんがあかなかったり、内容物が吹き出たり、部品が破損して飛散する可能性があり危険です。
  • みそ汁、スープなど塩分を含んだものは入れない。
    腐敗・変質・サビのおそれがあります。
  • お茶の葉・果肉などは入れない。
    目づまりし、もれるおそれがあります。
  • せんは確実にしまっていることを確認する。(MCZ-D・E)
    内容物がもれて、やけどやものを汚す原因になります。
  • コップユニットは、確実にしまっていることを確認する。必ずクローズボタンを押す。(MCZ-D・F)
    内容物がもれて、やけどやものを汚す原因になります。

持ち運ぶときの注意

注意

  • 本体外側が濡れている状態で、かばんなどに入れない。
    サビ・におい・汚れの原因になります。
  • かばんや袋に入れたまま放置しない。
    周囲の環境(湿度・塩分)などにより、サビ・においの原因になります。
  • ふたについているとっ手(ハンドル)を持って振りまわさない。(MCZ-D・E)
    人や物にあたって、けがや破損のおそれがあります。
  • ふたについているとっ手(ハンドル)を持って持ち運ぶときは、せんがゆるむ方向に回転させたり、強い振動や衝撃を与えない。(MCZ-D・E)
    せんがゆるんで、本体が落下するおそれがあります。
  • 缶ホルダーを使うときは、あらかじめ強度を確認してから使う。
    強度が充分でない場合、ホルダーがはずれたり破損して、やけど・車内や衣服を汚す原因になります。
  • 市販の缶ホルダーは、据え置き型を使う。
    ウインドーやエアコン吹出口に取りつける吊り下げ型で使うと、ホルダーがはずれて、やけど・車内や衣服を汚す原因になります。

飲むときの注意

注意

  • 熱い飲み物を入れたときは、傾けた状態や顔などを近づけた状態でせんのふたを開けない。(MCZ-D・E)
    本体の内圧が上がり、飲み物が急激に出たり、飛散したりして、やけどなどのおそれがあります。
  • 熱い飲み物を飲むときは、本体を急に傾けないように注意して、ゆっくりと飲む。(MCZ-D・E)
    急に傾けると、飲み物が急激に出て、やけどなどのおそれがあります。
  • 熱いものを入れた場合は、必ずコップを使って飲む。(MCZ-D・F)
    本体から直接飲むとこぼれたり、やけどなどのおそれがあります。(断熱効果により、熱いものを入れても外側は熱くなりません)
  • コップに注ぐときは、本体を急に傾けない。(MCZ-D・F)
    急に傾けると、飲み物が急激に出て、やけどなどのおそれがあります。
  • 注ぎ終わったら、本体を立てた状態にして、2〜3秒後に必ずクローズボタンを押してからコップをしめる。(MCZ-D・F)
    内容物がもれるおそれがあります。
  • 飲み物は、できるだけ早く飲みきる。
    長時間放置した場合、腐敗によりガスが発生し、本体の内圧が上がり、せんがあかなかったり、内容物が吹き出るおそれがあります。
    また、せんや中せんが破損して、飛散する可能性があり危険です。

お手入れするときの注意

注意

  • スポーツ飲料を入れた場合は、使用後、すぐにお手入れをする。
    外出時など充分なお手入れができないときでも、すぐに本体内側をよく水ですすぐ。

    カビの発生・サビ・穴があくなど故障の原因になります。
  • 塩素系漂白剤は使わない。
    サビ、塗装・印刷・メッキはがれ、穴があく原因になります。タイガー真空断熱ボトル用洗浄剤(別売品)をおすすめします。
    塗装・印刷・メッキなどの加工のある商品に限ります。

    消耗品・別売品のご購入はこちら
TIGER FORESTでは機能実現・改善のためにCookieを使用しています。